dadahwebsteru.com

ナミ と ゾロ

作成した: 22.08.2021

ナミを包んでいたシーツがあっという間にナミの体から剥ぎ取られた。 シーツを剥かれたナミは、後ろの壁とゾロの間に挟まれて、膝を立てて座っている。 尻の下に敷いている部分はそのままで、ゾロは片手でナミの脇の下から 背中を支え、反対の手でナミごとシーツを横へ引っ張ってずらせた。. そのままゾロの唇がナミの肌を滑り下りる。 ビキニが捲れてすでにあらわになった胸の先端に勢いよく食いつかれ、 同時に片手がナミの腹を掴むように撫でて下へ移動していく。.

サンジくんお誕生日記念小説。 ダウンロードフリー です。 ナミが買ってきたモスグリーンの布。さて何を作るのか。. 細身のジーンズが膝で引っかかり、 ゾロはそれを煩わしそうに手で強引に押し下げ、 ナミの脚を掲げ力ずくで引き抜いたのでナミの腰がベッドから浮き跳ね上がる。 ゾロは脱がせたジーンズをそのままの勢いで後ろにポイと投げ捨てると、 ごつい手でナミの内ももを撫でて、覆うものの無くなった無防備な股の間へと、迷いなく指を這わせた。. 閉じてしまった膝を簡単に押し開きズイッとナミの体に近づくと、 片手はナミの膝に置いて、反対の手で自身を握り締め、先をナミの入口に付けた。 粘着音がして、ナミがハァと吐息を吐く。 何度か先を滑らせ、トロトロと溢れ出しているナミの液を先に擦り付ける。 ナミは片手でシーツを掴み、もう一方の手は握り締めて口元に当てながら不安げにゾロを見ている。 そんなナミの顔には、期待感と同じかそれ以上に、戸惑いと恐怖の滲む表情が見える気がした。. HOME about novel blog. ゾロの肩に手を置いて押し返しながらその快感に耐えるように体を突っ張る。 もうその感覚だけでイってしまいそうなほど興奮して体が痺れていた。 こんなんで一体この後どうなるのか。.

パラレル小説。麦わらクラブ様の年ゾロ誕への投稿作品。 ゾロ、東の湖へ魔女に会いに行く。.

HOME about novel blog.

ゾロの肩に手を置いて押し返しながらその快感に耐えるように体を突っ張る。 もうその感覚だけでイってしまいそうなほど興奮して体が痺れていた。 こんなんで一体この後どうなるのか。. 抵抗するナミの尻をしっかり押さえて明るい中まじまじ見ると、 確かにソコは赤みを帯び熱をもって膨らんでいる気がした。 しかし今も少し濡れて誘うようにテラテラと光っている。 ゴクリと唾を飲み込み、喉の乾きを癒そうとゾロは舌をそっと潜らせた。.

カウンタ7777のリクエスト小説。 お題は「ゾロに甘えるナミ!」。微妙にずれてる・・・(汗)。. 時間の澱様の『なかよし病棟』への投稿作品。「 ココヤシ医院の事情 」の続編。 ココヤシ医院はその後こういう事情になっております。. カウンタ12345のリクエスト小説。パラレル。 お題は「ゾロナミでAロビ ロビA なお話」. バカギャグ話。が、相当寒い。 入国前にカードの記入を済ませておきましょう。記入内容は間違えないように!. 溢れた蜜をすくうように指に馴染ませて、ゾロの手がナミの敏感な部分を何度も上下に刺激した。 「は・・あぁ・・!」 甘い息を漏らすナミの唇に口付けた後、ゾロの唇がナミの体を愛しげに舐め回して下へと移動していく。 鎖骨、肩、腕、胸、脇の下から脇腹まで。 ナミの体を確かめるように熱い唇と舌で荒々しくなぞる。 体中を這うゾロの手と舌の感覚にビクビクと感じながら、蕾を擦られる度に強烈な快感が体内を電流のように走る。 熱い。・・・体がゾロを受け入れたくて悶えている。 ゾロの頭がへその辺りまで下がり、下腹に吸い付く感覚に思わず腰が跳ねた。 両手で強引にもも裏を押し上げられ恥ずかしい格好で両脚を開かされると、 開いて晒してしまった秘部にすぐさまゾロが口をつける。 「っ!・・んぁんっ・・!」 吸い付き荒っぽく舐め回す、その刺激が強すぎて堪らず腰を捩じらせ逃げようとするが、 ももをガッチリ押さえられゾロは一切逃げる隙を与えてくれない。 「あっ・・はぁっ・・・やぁっ!」 急激な快感に足先から体が痺れ始め、堪えるためにきつく握り締めたシーツが大きく深い皺を作る。 咥えた蕾を舌で攻めながら、いきなりゾロが指をグッとナミの中へと突き入れた。.

目を閉じたままナミが軽く頷いた。 あまりの早さと感度の良さに驚きながら、ゾロは胸から手を離し ナミの顔をのぞき込んで、ドロドロになっている指を引き抜いた。. 夢中で口を貪りあいながら、 緩んだビキニの隙間から胸を揉むゾロの手の指が2本、3本と布の下に潜る。 人差し指で胸の先端を転がされ、二本の指で挟んで擦られた。.

eternal pose R .

ゾロの指が上下に動いて、溢れたナミの液はトロッと指に絡みつく。 指の腹で何度か擦り上げ、上の方に固く主張している小さな蕾をつまむ。. 音を立てて吸い付く執拗な胸への愛撫に感じている隙に、 すでに蜘蛛男にボタンを外されウエストが緩んだままになっていたズボンを ゾロの手がショーツごといきなり引きずり下ろした。. サンジくんお誕生日記念小説。 ダウンロードフリー です。 ナミが買ってきたモスグリーンの布。さて何を作るのか。. これ、ホンマにゾロナミ(目標)サイトなん?というくらい超薄味の関西だし風味でお送りしています。  ゾロナミ好きなのに、ゾロナミが書けない・・・。.

ナミの今までの人生を考えると、ゾロ同様おそらくまともな恋愛などしてくる余裕は無かったはずだ。 初めてじゃなくとも、過去のそれは自分から望んだ経験ではなかったかもしれない。 他のクルーと・・の可能性もゼロではなかったが、正直今はあまり考えたくなかった。. パラレル小説。麦わらクラブ様の年ゾロ誕への投稿作品。 ゾロ、東の湖へ魔女に会いに行く。. そりゃ明け方までさんざん睡眠妨害した後、起きてからもかいっ!!ってなるよねぇ(苦笑)。   耳元で甘く囁くゾロ声の中井さんを想像しないようにっ!!(笑). 未来捏造話「愛のある島」の続編。ナミとジュニアに会いに来たサンジ。 カップリングとしてはルナミですので苦手な方はご注意を。. コンビニおでんセール 首筋、鎖骨、肩、胸元と荒々しくキスを降らせながら徐々にゾロの頭が下りて行く。 片手は胸を掴んだままで、反対の手がグイッと乱暴にナミのキャミソールを胸上まで捲り上げた。 抵抗する暇も無く素肌の胸がキャンドルの灯りに照らされる。.

チョッパー誕生日記念小説。 チョッパー、白いトナカイと出会う。淡い恋物語(のつもり). 今までで一番大きな声が上がる。 布越しにもわかるくらいにそこは熱く湿っている。 直に確認したくて、ゾロはショーツの中に迷い無く手を突っ込み、 直接その中指を割れ目の中央に伸ばした。.

eternal pose R.     ?

ビクっと背骨を反らせて逃げようとする体をゾロは自分の体で押さえる。 眉を寄せ目を固く閉じ、歯を食いしばって快感に耐えるナミの顔が たまらなくゾロをそそる。そのまま親指で蕾を押して刺激しながら、 中指を下のトロけてヒクついた穴にグッと突き入れた。. カウンタ5000のリクエスト小説。題名からしてもうダメ(汗)。 お題は「ゾロナミ中心の明るいドタバタ話」。. 日記 (更新情報). 未来捏造話「愛のある島」の続編。ナミとジュニアに会いに来たサンジ。 カップリングとしてはルナミですので苦手な方はご注意を。.

CARRY ON .

見出しの下にも:
    23.08.2021 16:48 Sato:
    胸への愛撫は続けながら、ゾロは片手でナミのももに触り、 手を徐々に滑らせスカートの中に侵入させて行くと、尻の方を撫でた。 すべすべしたその感触が気に入って、何度か往復してからグッと柔らかい尻を掴んだ。 ナミの体がビクッと跳ねる。 そのままももの付け根周りを指でなぞり、下着越しに股の間へ指を這わせた。. それと同じように。 さっきまであんなに震えて寒がっていたナミが今は頬を紅潮させ、 目を潤ませ、ゾロに舌を絡ませてくる様に、ゾロも欲情が暴走する。.

    24.08.2021 04:53 Jun:
    きつく吸われ、軽く歯を立てられる。 感じすぎて腰がゾロの体の下でビクビク跳ねる。 片手は伸ばして横にある壁に付き、片手は下に敷かれたシーツを握り締めて、 ナミは快感に耐えていた。 固くなって立ち上がったその胸の先端を、ゾロは交互に口に咥え何度も味わった。 見下ろすナミの目に、必死でナミの胸を貪るゾロの姿が映る。 それを見るだけでもう腰が熱くなってたまらない。.

    26.08.2021 17:48 Akina:
    Copyright(c) eternal pose all rights reserved.

レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@dadahwebsteru.com